先輩の声

Interview
当社で働く先輩たちの「ナマの声」をお伝えします

やる気のある人にはチャンスが沢山あり、
管理者になれる可能性も非常に高いです。

永井 貴充 先生
薬剤師
サニタたまプラーザ薬局
2015
キャリア採用

入社前のサニタに対するイメージ

整骨院やデイサービスなど、多岐に渡って事業展開しているのが凄いなというのが率直な印象で、事業部間のコミュニケーションがいろんな面でプラスに働くのが楽しみでした。
調剤薬局の現場はどこもそうですが、人手不足で大変なのがイメージではなくて、確信でした。
やりがいある環境なんだってことがわかりました。

サニタを選んだワケ

前職も調剤薬局で非常に充実した日々を過ごしておりましたが、知り合いを介してサニタで管理者候補を募集していると聞き、面接を受けました。
人手不足の中、外来と施設の薬の調剤で凄く大変な状況だということがわかり、まず薬局の環境を整えようと思いました。人員を整え、スタッフが毎日笑顔で自分の意見を言い合える組織が作れれば、パフォーマンスはもっと良くなり、質の高いサービスを提供できる。薬局の「将来性」にやりがいを見出すことができたことがサニタを選んだ一番の理由です。
後は、他事業部とのコミュニケーションも楽しそうだなと感じました。

入社後に改めて考えるサニタ

通常業務としては、調剤薬局の管理者であります。
これだけの店舗数を抱えている会社でありながらも、役員の人達との距離が凄く近いことにビックリしました。社長自らランチミーティングをしてくれたり、取締役がちょくちょく店舗に顔をだしてくれて、現場の不都合などないか聞いてくれたり現場と会社の距離が近い企業だと感じています。
正直、入社直後はこれは改善できるかと思うくらい人手不足と多くの業務で大変でしたが、採用も上手く行え、現場のみんなの頑張りで今は決して多くない人数ですが、社員、パートさんが上手くコミュニケーションをとり、上手くお店が回っている事も実感しています。そのお陰で調剤薬局も2店舗から3店舗になりました。

求職者の皆様へ

たくさん、いろんな会社をみて、面接を受けてみた方がいいと思います。
調剤薬局といっても、土地柄や、来ている診療科目などによって、全く環境が違います。
複数受けた中で自分が求めているものを見つけてみてください。
もし、御縁があり、サニタに来ていただければ間違いなくやりがいある仕事が提供出来ると思います。やる気のある人にはチャンスをたくさん与えてくれる会社です。店舗もこれから増えて行く中で管理者になれる可能性は非常に高いです。年齢や勤続年数は関係ありません。やる気次第でどんどん上を狙える会社です。
サニタの一員として、一緒に勤務できる事を楽しみにしています。